働くデブログ

デブかて一生懸命生きとんねん🐽

竹富島観光~デブ一人旅~

 

こんにちは、働くデブえつこです。なんとこれが2019年初投稿。。

 

最近のえつこは、東京に転勤しまして、ようやく少し落ち着いてきました。

そのことはまた後日触れるとして、今回は年末年始に行った沖縄一人旅を振り返りたいと思います!!

 

ちなみに私は、国内旅行で一番興味がなかったのが「沖縄」でした。

だってデブだから水着着たくないし。海入らないと楽しくなさそうでだし。あとは、車が運転できないので、あまり楽しめないんじゃないかなーと。

それに、南国より北国のほうが好きなので、行くとしたら断然北海道が良いなと。

 

そんな私がなぜ今回沖縄を選んだのかというと、

・車がなくて水着を着なくてもめちゃくちゃ楽しそうな「竹富島」があると知った

・興味ないことに挑戦していくと決めた2018年の締めくくりに最後に挑戦したかった

から!

 でもこれが大正解!!最高の沖縄旅行になりました。

 

まずはこの動画をご覧ください。笑


竹富島旅行@働くデブえつこ

 

竹富島への行き方

今回は、関西空港第2ターミナルからpeach石垣空港へ。金額は往復で¥23,650。やっすー!!

peachは7kg以上だと有料で荷物を預けないといけないなのですが、まさかの行きの時点で私の荷物は9kgと表示が…。

預けるのに、別途2~3千円ほどかかるので、幸先悪いなーと思っちゃったんですけど、まさかのシステムの不具合により、荷物預かり料が特別に無料だと、、、!!

今回もしかしたら最高の旅になるかもしれないと、興奮しました。結果的にその通りになったんですけどね。

 

往路は朝の7:35発→10:20着の便。約3時間です。

帰りは11:00発の13:10KIX着。個人的には丁度良い時間帯でした。

三半規管が異常に弱く、飛行機では絶対に寝たいため、3時間睡眠で行きました。案の定ほぼ寝ることができ、念のため用意していたAmazon primeの映画の出番はなく。

 

石垣空港に着いたら、バスで離島ターミナルへ。片道500円で、30分ほどで着きます。

竹富島ねっと - 竹富島へのアクセス

離島ターミナルから竹富島への船は、1日21便出ているので、あまり待たずに行けます。もし少しでも待ち時間があるなら、離島ターミナルの売店で売っている、「マリヤシェイク」を飲んでみてください!めちゃ美味しかったですよ。(私がシェイク好きだからかも)

f:id:cpetsuko:20190218221446j:plain

 

 

竹富島でデブが観光してみた

いざ竹富島へ上陸!港までは、宿泊先の民宿のおばあが迎えに来てくれました。宿についてはまた後ほど。

観光では、水牛に乗りました。1人あたり1,500円。新田観光という所へ行けば乗れます。小さい島なので、どこへでも歩いて行けますよ。島のおじいが竹富島の案内をしながら、途中で三味線で島の歌を歌ってくれます。ゆったりした沖縄らしい時間を過ごすことができました。

f:id:cpetsuko:20190211221400j:plain

f:id:cpetsuko:20190211222118j:plain

 

竹富島は、昔ながらの沖縄の原風景がそのまま残っている島なので、島の中を歩いているだけで観光になります。

f:id:cpetsuko:20190211222435j:plain

f:id:cpetsuko:20190211222629j:plain

f:id:cpetsuko:20190211222645j:plain

 

そして!竹富島といえば何よりも海!! 今回の旅は、ひたすら海でボーっとしたいという目的があったので、ほぼ海にいました。笑

これは西桟橋という所で、日本で一番夕日が綺麗に見れると有名。ちなみに夕日は見なかったですけど。笑 夕日にはあまり興味なかったので。ww

f:id:cpetsuko:20190211223851j:plain

f:id:cpetsuko:20190211224052j:plain

 

竹富島で食べたもの

 ①竹乃子さんのソーキソバ

現地の方から、有名な店だから一度は行ってみなと言っていただきました。普段は行列ができるそうなんですが、オフシーズンなのと時間も外していたので、私はすんなり入ることができました。人生初のソーキソバは美味!

f:id:cpetsuko:20190218222235j:plain

 有名人のサインもたくさんかざってました。

f:id:cpetsuko:20190218222233j:plain

 

HaaYa nagomi-cafe (ハーヤ ナゴミカフェ)

雨が降っていたので、止むまで雨宿りに入りました。観光スポット「なごみの塔」の目の前にあります。島を見渡すことができるインスタ映えなカフェです。

f:id:cpetsuko:20190218222412j:plain

 

たるりや

民宿の宿泊者の方から、たるりやのゴーヤチャンプルーが美味しいと聞いてランチに来ました。そしたら本当に美味しくて!他にもいろんな料理があり、外でゆったりと食べることができます。

f:id:cpetsuko:20190218223035j:plain

 

竹富島の民宿「のはら荘」が最高is最高だった

 今回の旅行の満足度の理由の80%は、「のはら壮」が最高だったからです。

竹富町観光協会| 民宿 のはら荘

広告等も全然打っていない、知る人ぞ知る人気宿。予約もとりにくいらしく、シーズンに行くなら早めの予約を。ちなみに予約は電話オンリーです。

 

・1泊2食つき。これがまたうまい!

f:id:cpetsuko:20190218224032j:plain

・食事は宿泊者全員でと決まっているので、必ず宿の人と交流ができる。

・宿のおじい(イケメン)が、20時からゆんたく(宴会)を開いてくれる。ドラマなどでしか見たことない、あの沖縄の宴会が体験できる。もちろん任意参加。

・その後は、宿の外のテーブルで泡盛で飲み会。これもまた盛り上がる。

(交流が嫌な人はやめたほうがいいかもしれません。私も正直人見知りなのでちょっと悩みましたが、リハビリ的な感じで行きました。でも、他の方が積極的に話しかけてくださったので、すぐに仲良くなれました。)

f:id:cpetsuko:20190218224544j:plain

・自転車がレンタルできる

・港まで送り迎えをしてくれる(一人ひとりに合わせたタイミングで)

・和式トイレ(島に少ない)

f:id:cpetsuko:20190218224741j:plain

とにかく、宿での出会いが最高でした。のはら壮で出会った人同士の結婚も多いようですよ。宿で仲良くなった人たちと次の日にランチに行ったり、石垣島の美味しいお店教えてもらったりなど、ここでの情報も非常に役に立ちました。

また会えたらいいな。