働くデブログ

デブかて一生懸命生きとんねん🐽

【全デブ必聴】マキシマム ザ ホルモン新曲 『maximum the hormoneⅡ~これからの麺カタコッテリの話をしよう~』をデブがいいように解釈してみた

私はマキシマム ザ ホルモンのガチ勢だと自負しています。昔ホルモンが実施した"全国腹ペコ統一試験"では、3万人の受験者のなかで男女各上位20名しか当選しない「林間学校」に当選した。なんと仕事で行けなかったが…。

 

そんな大好きなマキシマム ザ ホルモン(以下ホルモン)が昨日11月25日の21時に、新曲 『maximum the hormoneⅡ~これからの麺カタコッテリの話をしよう~』のMVを公開した。これは全世界のデブが聴くべき曲だ、と強く思ったので後ほど詳しく紹介したい。

www.youtube.com

 

この曲が収録されている新作『これからの麺カタコッテリの話をしよう』は、「読み切り漫画+新作CD」として発売するらしく、その特設サイトはこちら↓

マキシマム ザ ホルモン「これからの麺カタコッテリの話をしよう」

 

まず、そもそも「ホルモンてなんやねん焼肉かよ」「あの激しめのちょっと怖いバンド」などと思ってる方もいると思うので、ホルモン紹介もかねてなぜデブが聴くべきなのかを語ります。

 

マキシマム ザ ホルモンのプロフィール(個人的見解)

マキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)、ナヲ(ドラムと女声と姉)、ダイスケはん(キャーキャーうるさい方)、上ちゃん(4弦)の4人からなる八王子出身のバンド。

マキシマムザ亮君とナヲは川北家の長男・長女である。(ちなみに次男の「ジュン」という弟がいるが、話を聞く限り実はジュンが一番クレイジーなのではと思っているw)元々はナヲとダイスケはんがバンドを組んでいた。そこに亮君が加わり、介護の専門学校に通っていた上ちゃんが最後に加わったんだったと思う。あんな刺青だらけなのに介護…。

売れない時代も長かったらしく、同世代の10-FEETが先に売れて、10-FEETだけサインを求められることなどもあったよう。(ナヲ姉の日記より)でも今は絶大なる人気を誇るバンドになり、ライブのチケット倍率はマジでエグいし、DVDやアルバムの発売枚数はどえらいらしい。化け物バンド。

PROFILE | マキシマム ザ ホルモン Official Site

 

マキシマム ザ ホルモンの新作の発表しなさ

ホルモンはマッッッッジで曲を発表しない。ここ数年の発売年表を見てもらえれば一目瞭然です。

  • 2015/11/18 【DVD】Deka Vs Deka ~デカ対デカ~ 3年前
  • 2013/07/31【アルバム】予襲復讐 5年前
  • 2011/03/23【シングル】グレイテスト・ザ・ヒッツ 2011~2011 ※廃盤 7年前
  • 2008/07/09【シングル】爪爪爪/「F」 11年前

ね、わかるでしょ。w

 

腹ペコ(ホルモンファンの通称)がいかに待ち望んでいたか、、、。お腹ペッコペコですよ、ほんとにもう。

これ、普通のアーティストだったらありえないですよね。普通は事務所などと年間何本発表するかとか契約するらしく、それが守られないとかなりモメたりするらしい。ホルモンの異色っぷりと、VAPの懐の広さがわかります。

 

マキシマム ザ ホルモンのこだわりっぷり

マキシマムザ亮君のロックの原点は「みみっちいほど執拗に相手に自分の本質をぶちかましたい感情」だそうで、これがホルモンのこだわりの全てを物語っていると思う。

 

まず普通だったら、これだけ売れてたらもっと新曲発表するよね?

 でもそれをしないのがホルモンであり、楽曲・歌詞制作をやっているマキシマムザ亮君のこだわり。うすっぺらいもんなんてつくらねぇので、そんなもん作るくらいだったら消えそう。

 

さらに上記のことから、マキシマムザ亮君は『俺マキホル知ってるゼ?』的なにわかが増えることを非常に危惧している。

だからこそあの手この手を使っていて、5年前に発売されたアルバム「予襲復讐」なんて、歌詞カード(解説付き)を読まない奴が多すぎて嫌になった亮君が、「オメェらこれでもか」と言わんばかりに全156pにおよぶ曲解説本をつけてきた。笑 

他にも「初回盤を用意していない」「投票券・握手券が付いていない」「地上波の音楽番組に出演しない」「レンタルと配信が禁止」などのこだわりもあったり。

(ちなみに音楽番組には出演しないがタモリ倶楽部には定期的に出演している。笑)

 

私から見たホルモンは、超超超ロックな4人なのだ。どう見ても黒帯バンド(ホルモン用語でいう大物・人気バンドの位置)なのに常に白帯バンド(挑戦者)でい続け、いつまでたっても何かにもがいている、カッコ悪い、でもそれがカッコいいバンドだと思う。

ちなみに4人のことを知れば知るほど、『良いおじさんおばさんたち』だと思う側面もあり、そういうところもずっとファンでいる理由のひとつだったりする。笑 でも良い人だから好き、などというのは物凄く嫌いそうなのであまり公言はしない。w

 

もっと紹介したことはたくさんあるのですが、きりがないのでここまで。

 

今回の新曲『maximum the hormoneⅡ~これからの麺カタコッテリの話をしよう~』をデブが聴くべき理由

昨晩21時に発表されたこの新曲、実はこの数年でめっちゃ痩せたマキシマムザ亮君に対する批判へのアンサーソングなのだ!!笑

以下Facebookの投稿から引用。

生活習慣病から合併症を起こし、医者から「このままでは死ぬ」と宣告を受け、食事制限と運動で減量し健康体となったマキシマムザ亮君
痩せた姿を見たファンから「デブの頃が良かった」と散々批判され続けてきた、マキシマムザ亮君からの回答ソング

新作の作品タイトルとも共通する副題の意味とは?
7年半前に発表された楽曲「maximum the hormone」のパートⅡと銘打たれた今作、「麺カタコッテリ」を信条としてきたホルモンのネクストステージとは如何に・・・。
そして果たして、ヘドバン・デス声の封印は解かれるのか

f:id:cpetsuko:20181126215554j:plain

 

MVの最初に出てくる女、マジで私かと思った。www

 

ホルモンの曲は全て好きなんだけど、語彙力がなくて悔しいんだけど、そのなかでも特に「シミ」などの低いゴリゴリの感じの曲調が好き。w 最近はポップな感じもミックスされてる曲が多く、それもそれですごく好き。とにかくライブが好きなので、ライブでめっちゃ頭ふってモッシュして叫べる曲が好きです。

ま、それは置いといて。

 

今回、この歌詞の内容に知って「全デブが聴いたほうがいい」と即座に思った。

 

昨晩の発表後にすぐ歌詞を紹介した記事があったので紹介する。

【歌詞/考察】マキシマム ザ ホルモン新曲 『これからの麺カタコッテリの話をしよう~』 が痺れる!|かんさいべんどっとじぇーぴ

 

とにかく糖尿病・痛風などの辛さが歌詞につまっているのだ!!笑

 

全デブ、これを聴いて、これらの症状にかかった後の苦しみをまずは聴こう。そしてこうはなりたくないと思い、減量に励むべし!!

 

まずだって、最初の出だしからよ。

足痛い!
魚卵でストライク
嗚咽 高熱 痺れ
襲われる激痛 breeze
心拍数 グイーン↑
不安顔な形相
胃や腸は超減衰化

辛すぎワロタwww絶対嫌だwww

 

ちなみに、今回はⅡだけど、その前のシングル「maximum the hormone」の出だしはこれ。

葬れ仇 狼煙あげ
己 ただ 幾千 辿れ
脳汁出して宿命と踊れや
大口開け 脂加え
臓器荒れて むくみ 腫れ
糖質増やして宿便と踊れや

糖質増やして宿便と踊れやーゆうてるやんー!!

 

それに対して今回の「maximum the hormoneⅡ」では、

無理です てめえら 御免!
黙れ! くたばれ! 喪黒ドーン!!
二度と通院 勘弁!
あのね・・尿路結石 怖い
(怖い!)

と、ゆーてますから。笑 亮君相当辛かったんだよ。もう病院行きたくないゆーてるもん。。

 

 

そして途中こんな歌詞も。

コッテリ=生き様です コッテリ=生き様です
ポックリ死なずにいきる
(生きる!!!) 

 麺カタコッテリというのがホルモンの信条でもあり、とにかくラーメン二郎をこよなく愛している彼らですが、肥満によってポックリ死んだら何の意味もなくて。コッテリは信条、でも健康に生きる!!!ということだと思う。

 

うん、それでいいと思う!ww

 

デブのみんなも、今はそれでいいかもしれないけど、将来のことを考えてマジで痩せようね。ほんとに。

 

 

*instagramはこちらから*

www.instagram.com